top of page
  • Writer's pictureMas Anai

"Art Inspired by Nature: Capturing the Essence of the Natural World"

In my art, I draw inspiration from nature. Most of my works are visual manifestations of memories of the natural world. Whether it's a forest landscape, the sea, mountains, valleys, or rivers, there is life teeming within them. During my childhood, I spent most of my time playing in nature, fishing in the sea and rivers, and camping. Those memories are deeply ingrained within me. Even now, being in the mountains, by the rivers, or at the sea feels like the most natural thing to do. In those environments, I let go of any thoughts and surrender myself to the surroundings. Simply being in nature fills me with an abundance of negative ions. These experiences serve as the wellspring of my creativity.

There's something inherently nostalgic and comforting about being in nature. It feels like the most natural state for human beings. I vaguely recall that when we're constantly exposed to vivid digital images as children, we may experience a sense of unease when we encounter the real, unfiltered beauty of nature. The same goes for sound. If we constantly listen to digital audio, we might miss out on the enveloping sensation of being surrounded by live orchestral music.

However, I remain optimistic. I believe that as technology continues to advance, we may find ways to escape the constraints of our confined reality and embrace actions that are more aligned with nature. A world free from artificial stimuli could lead to a sense of nostalgia and provide us with the time and space to truly flourish. I believe that true mental well-being lies within such an environment. In a way, it's a return to our primal instincts.

As virtual experiences proliferate, the urge to seek authenticity grows stronger. When we're liberated from the constraints of time and various obligations, our souls yearn for genuine connection.



"Art Inspired by Nature: 自然界のエッセンスをとらえる"


私のアートにおいて、私は自然からインスピレーションを得ています。私の作品のほとんどは、自然界の記憶を視覚化したものです。森の風景、海、山、谷、川など、その中には生命があふれている。幼少期は、海や川で釣りをしたり、キャンプをしたりと、自然の中で遊ぶことが多かったです。その記憶は私の中に深く刻み込まれています。今でも、山や川、海にいることが一番自然なことだと感じています。そのような環境では、何も考えず、周囲に身を委ねることができます。自然の中にいると、マイナスイオンがたくさん出てくるんです。このような体験は、私のクリエイティビティの源泉となっています。


自然の中にいると、本来はどこか懐かしく、心地よいものです。人間にとって最も自然な状態であるように感じられます。そういえば、子供の頃に鮮明なデジタル映像に触れていると、本当の自然の美しさに触れたときに違和感を覚えることがあるらしいです。音も同じです。デジタルオーディオばかり聴いていると、生のオーケストラに包まれるような感動を味わえないかもしれない。


しかし、私はまだ楽観視しています。テクノロジーが進化すれば、閉ざされた現実から抜け出し、自然に近い行動をとることができるようになるかもしれません。人工的な刺激から解放された世界は、ノスタルジーを感じさせ、私たちに真の豊かさをもたらす時間と空間を与えてくれるかもしれません。そのような環境の中にこそ、真の心の豊かさがあると思うのです。それはある意味、原始的な本能への回帰でもあるのです。


バーチャルな体験が増えれば増えるほど、本物を求める気持ちが強くなる。時間やさまざまな義務の制約から解放されたとき、私たちの魂は真のつながりを求めるようになると思います。


Commentaires


bottom of page